FC2ブログ

Green Note

Green Shop+Eco Green+の店主が魅力的な植物や水草、熱帯魚などを紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
月曜日も営業です☆
今週土日はこの不景気の中たくさんのお客さんが遊びに来てくださいました。^^
と言ってもヤハリ悪いものは悪く苦しい戦いが続いておりますネ(汗)
何かカンフル剤でもあればええのですけどもホント地道に耐えるしか無いかと・・・

暗い空気を作らないのがイチバンです。
090627_1243.jpg
めれんぱん食べて、
英気を養い働きまっす☆

月曜はオープン前に仕入れとメンテがあるので定休日前ですがフル稼働☆
090625_1952.jpg
頑張ったご褒美に45㌢のライトを新調しましたー
そしてお金がなくなった。;´△`


最近新規のお客さんから水草水槽の管理についてよく質問を受けます。
他のお店で水草水槽を始めたものの上手く行かずどーしましょー!!
みたいな感じです。

エアレーションをするとCO2が逃げるからダメ
とか
ソイルは極力触らず一定期間で交換
とか
何じゃそりゃみたいな話を聞いてきて実行して上手く行かないパターンが多いです。

誰よー滅茶苦茶なことゆーてるのは・・・汗

水草水槽とは言えろ過は大切です。
必ずエアレーションを施して濾過バクテリアたちに酸素を供給してやってください。

CO2添加しててもエアレーションしたからとゆーて効果がなくなることはないです。
ホンマニホンマ。
ちゃーんと草は育つ上に水もよくなります。

特に外部式フィルターの場合は直接空気と触れないため水槽内での送気がキモになります。
あとは流量を必ず確保すること。
滞ると嫌気層が出来てしまいよろしくないこと(全てが悪いわけではないですが)になる可能性が出てきます。

ソイルもきちんと汚泥を抜いて掃除しましょう。
粒状構造である以上扱いは砂利と何ら変わりません。
崩れるソイルは論外ですがきちんと粒状構造を保つのが普通なので長年使い込むと大磯同様よくなります。

きちんとトローンとしながらもシャキっとした水になれば
水草も気持ちよく生い茂りお魚も元気よく泳いでくれるハズ・・・
勿論それは自身の管理方法に合った設備が揃っていてのお話です。

10人いれば10通りの管理の仕方があります。
ただやってはいけないことをやると崩れるだけです。
当店の放置水槽みたいにならないように気をつけましょう。^^;

中々pHが下がらない・・・なんて場合は好気性バクテリアが湧いていない場合が多いです。
なんて不安定で恐ろしい環境・・・汗
それもpHを計って初めて気付く事の出来る事実だったりします。

数値を計るって経験をつむほどしなくなることなのですが
たまにはイロイロと遊び半分でもよいので計ってみてください。
pHだけでなくCODやらKHやら

お魚が死ぬ方はNH4が検出されないかチェックしつつちゃんと硝化作用でpHが下がっているか調べて見ましょう。
ろ過の流量は大丈夫か?とか詰まっていないか?とか
悪い部分をつぶしていけば必ず良くなるはずです☆

結局最後は時間が解決したりするのですが
店主とて病気出したり殺したりコケ出たり(へたくそですヨ)
日々悩みは尽きません。

精進しなきゃですネ。

ではそろそろ・・・
090628_0040.jpg
寝ないと起きれない予感・・・
おやすみなさいませ☆ミ

あ、ジャンプ買ってきます!
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。