FC2ブログ

Green Note

Green Shop+Eco Green+の店主が魅力的な植物や水草、熱帯魚などを紹介します。
補足その2
皆様、
1週間おつかれさまでございます(_ _*)
明日からお仕事の方はどうか、
無理なさらぬようケッパってくださいませ☆

本日の補足は、
オカヤドカリについてです。

海水の中に住むヤドカリと違って、
陸の上をぽこぽこ歩いたり木に登ったりするかわいい陸生のオカヤドカリは、
上手に飼育すると滅茶苦茶長生きです☆
上手く育てると大きさも半端なく大きくなるので育てがいのあるペットだったりします。
その反面殺しちゃう方が多いのも事実・・・^^;
ポイントを抑えて上手く育てちゃいましょう☆
沖縄に住む最大のヤドカリとゆーことで、
日本が世界に誇るステキな生き物なのです。^^

とゆーても、
飼育自体は特別に難しいことはなく・・・
必要な飼育用品は、

水槽(もしくはヤドカリが登れない器)
底砂(サンゴ砂から大磯までお好みでどうぞ!ただしソイルは止めておきましょう)
海水(小皿にいれてあげると好きな時に飲みます。人口海水を溶かした水がベストです)
ごはん(基本雑食です。野菜に魚介類・人口飼料と何でも食べます。バランスよく!)

これぐらい。

あとはインテリアオプションとしてヤドカリがよじ登れる枝流木を入れてあげたり、
クリップライトでライトアップしてあげたり。
ちなみに枝流木は注意しないと流木を伝って闘争してしまう事もあるためガラス側面に届く長さの枝は避けましょう。
ホントどこから!?というくらい上手いこと逃げ出すので不安な場合は何も入れないほうが良いでしょう。

気温は20~30℃程度でよく動きますが直射日光は避けましょう☆
特に夏場の太陽は命取りになるのでなるべく風通しの良い涼しい場所に置いてあげましょう。
その反面寒い時期はプレートヒーターなどで保温できるため温度管理は非常に楽です。
変温動物のため体温が下がると活性が落ちて食欲もなくなってしまいます。
南国のイキモノという事をお忘れなく☆

そして飲み水である海水は常に新鮮に保ってあげたいところです。
現代は便利な物で「人口海水」とゆー奥の手が非常に容易に入手できます。^^
コレを利用しない手はありません!
成分的にもバッチリですので安心して使えますね。^^
ちなみに飲み水の管理だけで状態は全然違ってきます!

ごはんは夜行性ですので主に夜間に群がって食べています。
カメのえさやお魚のえさも実は優れた飼料ですので気が向いた時にでも与えてみてください。
残りエサはこまめに取り除き水槽内を清潔に保ちましょう。

飼育に関してですが大きくなってくると貝殻を大きな物に交換してやらなければなりません。
貝殻の争奪戦も起きるので不慮の事故を防ぐためにも余分に貝殻を入れておくのが得策です。
貝殻は綺麗なものが雑貨屋さんや貝殻屋さんで販売されているので探しに行くのも良いかもです。^^
モチロン砂浜にオンリーワンを見つけに行くのも楽しいですよ~!

こうして飼育してやるとヤドカリたちが非常に長生きであることに気付くでしょう。
ズバリ何年とは言いませんが5年や6年では全然!とだけ(笑)
相当長い付き合いになると思いますよ~!!



補足はとりあえずココまでで、

店舗2回部分の工事が
ココまで
画像 217


いよいよプロの登場です!

画像 221


あれよあれよという間に・・・
画像 220


超綺麗!!
お金が貯まるまで工事が出来なかったので(汗)
久方ぶりのプロフェッショナルの登場でした!

そして夜中にコッソリ作業する私・・・
画像 219


不思議空間第2弾がとりあえず形になりました。`-`*
次はシャワールームなのですが・・・
お金が・・・ナイ・・・汗
また1から貯金です(涙)

では最後に、
画像 214

斑入り☆
ファンシーです!

個人的に思い出深い葉っぱやったりします。
まだ大切に持ってますよー!
の報告☆

そしてさすがに
もうダメです・・・意識が飛ぶので・・・
メール返信は少々お待ちくださいませ(_ _*)

早く誰か雇えるぐらいになりたいな・・・汗
今では私の限界を超えた時にお客さんに迷惑が掛かってしまうわけで・・・

また水曜日から気合入れて頑張りますね。^^
今日は早めですが
おやすみなさい(_ _*)
スポンサーサイト



Designed by aykm.